INEX

     
スタッフブログスタッフブログ

塗装補修

2021/06/09

こんにちは、管理部の杉原です。

 

今回ご紹介するのはグランロックの一部補修です。

グランロックとはベースカラーとなる下塗り材と多彩チップを含んだ上塗り材の

2種類を使った塗装材になります。

弊社のパワーボードの現場でよく使われる人気の塗装材です。

一時期は白系の塗装材が主に出ていましたがここの所は

グレー系(こちらは下地がグレー・上塗りチップ白・黒)がよく選ばれています。

多分補修を行ったと思われ一部塗装がされていない箇所が見えると思いますが、

こちらを補修していきます。

 

補修の下処理に関しては下塗りを塗り、時間を置いてから上塗りのチップを塗布します。

上塗りを塗る際は、刷毛でチップを置くように施工します。

 

写真では塗装からあまり時間が立っていない為、凹凸があるように見えますが、

乾いてくれば凹凸がなくなり馴染んでくるので、

違和感はなくなるかと思います。

 

以上、いかがでしたでしょうか。

今後もいろんなご紹介ができればと思います。

次回をお楽しみに!

屋根補修工事

2021/06/03

こんにちは、管理部の杉原です。

本日はアスファルトシングルという屋根材を使用している屋根の補修をお見せしたいと思います。

こちらはアスファルトシングルを使用した屋根になりますが一部 ”無い” のが見えるかと思います。
今回はこちらを補修します。

まず、既存の釘穴を防水テープや、シーリングで塞ぎます。
(今回はテープで塞いでいるようです。)

 

続きまして、施工する為のシングル材と専用の接着剤を用意します。

釘が使用できないのでこちらの様な専用の接着剤を使用して施工します。

 

 

施工します。
アスファルトシングルは板では無いので写真の様にしなって曲がげることができます。

施工完了です!
きれいに仕上がっているのでは無いでしょうか。

引き続きこのような工事も紹介していきたいと思います。
次回をお楽しみに!

金属屋根(立平ロック32型)

2021/05/26

こんにちは、管理部の杉原です。

 

今回は、三方パラペットで施工した金属屋根の現場をお見せしたいと思います。

まずはルーフィング、TAJIMAのPカラーを使用しています。

二次防水も重要ですからしっかり施工します。

 

そして屋根を葺いていきます。

今回はセキノ興産の立平ロック32型のブラックを使用しています。

 

基本的に特注品となりますので、ルーフィングをを施工した際に長さを計測します。

横幅は決まっていますが、長さを指定します。今回であればおよそ6mほど。

 

スレート屋根などと比べると割高になってしまうデメリットはありますが、

軽い、緩勾配に対応しているなどなど、デメリット以上のメリットを感じられると思います。

特に軽さに関しては地震の多い日本では重要な要素ですね。

新築・既築を問わずご検討の1つとしてみてはいかがでしょうか。

 

今回は金属屋根についてご紹介させていただきました。

また次回。お楽しみに!

施工のご紹介

2021/05/18

こんにちは、管理部の杉原です。

 

今回はパワーボードの施工について一部ご紹介させていただきます。

↑は加工場です。

加工場では養生等をし煩雑にならないよう、汚い現場と思われないように綺麗な現場づくりをするように心がけています。

機材を使用して加工し、パネルの施工していきます。

 

パワーボードを施工したところになります。

ライン系パネルはライン50・ライン75・ライン100とあるのですが、今回はライン75になります。細すぎず、太すぎず、綺麗なラインで人気があります。

専用のビスで1枚に8箇所打ち込み固定します。ビス穴は専用の補修材を使って仕上げていきます。

現場で塗装を行いますので、この段階ではまっさらな状態です。 お客様のニーズに合わせた仕上がりになります。

 

仕上げについてはまた別の機会にご紹介させていただければと思います。

 

今後も施工や製品のメリットなどご紹介できればと思っております。

次回をお楽しみに!

ラップサイディングの治具

2021/05/10

こんにちは、管理部の杉原です。

今回は、東レ建材株式会社のより発売されている

ラップサイディング施工の助けになる商品を紹介したいと思います。

 

 

こちらは、ラップサイディングの施工の単独作業を助けてくれる

「ラップ仮受S型治具」という商品になります。

 

↑の写真のようにサイディング材を乗せて施工していきます。

こちらの商品が出た事で、複数人必要とされていた作業が

単独でもすすめられるようになりました。

 

 ※ 詳しくは 東レ建材株式会社のHP よりラップサイディングのページ
   2020年3月2日のお知らせに新部材についてのpdfがありますので御覧いただければと思います

 

今後、こういった商品も紹介していきたいと思います。

次回もお楽しみに!

金属サイディング(SFビレクト)

2021/04/27

こんにちは、管理部の杉原です。

今回はアイジー工業株式会社の金属サイディング、

SFビレクトという製品を紹介したいと思います。

 

 

こちら、

金属独特の光沢があり、すっきりとしたシャープなデザインが特徴の外壁材です。

また、ガルバニウム鋼板ですので軽量で、かつ耐食性に優れます。(サビに強い)

遮熱性も高く断熱性に優れておりますので、省エネにも期待ができます。

 

すっきりとしたデザインに仕上がっているのではないでしょうか。

カラーバリエーションがありますので、お好みの選択が可能です。

外壁を選ぶ際に選択肢の一つとして検討してみてはいかがでしょうか。

 

それではまた。次回をお楽しみに!

屋根のリフォーム工事

2021/04/15

こんにちは、管理部の杉原です。

 

今回は屋根のリフォーム工事の紹介になります。
まずは施工前(施工中?)の写真を御覧ください。

こちらの屋根の一部をリフォームしました。

軒先から3段カラーベストを剥がし、
大工さんが軒先を切断し、軒の出が短くなった所を
それに合わせて復旧を行いました。

既存の屋根材は生産終了品の為に代替品としてコロニアルクァッドを使用、
付随する板金なども既存のものに近い商品を使用して、

完成いたしました!

 

また、ご案内できる現場がありましたら紹介できればと思います。

次回をお楽しみに!

ヘーベルライト(製品)ご紹介

2021/04/05

こんにちは、管理部の杉原です。

今回はヘーベルライトについて紹介したいと思います!

写真はレンガ調のヘーベルライトになります。


 

住宅用のパワーボードは厚さ37mmなのに対して、ヘーベルライトは厚さ50mm。
主原料は微粉砕したケイ酸質系原料・ポルトランドセメント・生石灰などの無機質材料となっています。
主に軽量鉄骨(倉庫が多い)に使用する材料の為、鉄骨用のビスを使用します。
ALCの持つ耐火・断熱性はそのままに、建物の表情を豊かに演出することが可能です。
※ 今回紹介しているレンガ以外にもデザインがありますので調べてみてくださいませ。

 



今回はヘーベルライトの紹介をさせて頂きました。
また機会がありましたら別の製品もご紹介できたらと思います。

次回をお楽しみに!

`