INEX

     
スタッフブログスタッフブログ

ガレージ床塗装

2021/04/09

こんにちは、管理部の松田です。

今回は増築工事を承りました現場の1階ガレージ床塗装が
綺麗に仕上がったのでそちらのご紹介をしたいと思います。

簡単ではありますが動画作りましたのでご覧ください♪ 

実際は動画以上にピカピカ&ツルツルです☆彡

現場へ出入りする方は、ほぼ全ての方がドア手前で靴を脱ぎますが
既に塗装の養生期間(乾燥)も過ぎているので靴で入っても大丈夫なんですよ。

職人さんがメーカー推奨の塗装回数では仕上がりが”気に入らない”という事で
お施主様ご了承のもと数回多く塗り足したそうな・・・笑

職人魂に火がついたらしくいい仕事をしてくれました( ̄ー ̄)ニヤリ

こういう事もinex・housingでは行っておりますので
「こんな風にしたい」というご希望やご要望がありました
何なりとお申し付けください!

では、次回の更新まで失礼いたします。

足ピタフロア

2021/03/16

こんにちは管理部の松田です。

ハウジング営業部が先日、クリナップ厚木SRさんへ行ってきたようなのでレポさせていただきます。
昨年からのコロナ禍で水廻りメーカーさんのショウルームへ時間を作ってお伺いしたのは久しぶりだったようです。
(カタログを貰いに行ったりはしていましたが)
本当に久しぶりだったのでメーカーの若い担当さんが熱心に説明してくれるのを
ふんふん、と言いながら聞いているのが少し新鮮に感じました。

今更ながら、色々とためになるお話しが聞けてよかったとのことで
今回は、2番目(1番目は後日UPします)に気になった
商品を簡単にご紹介しますね! それは!
滑りにくく汚れや傷がつきにくい、その名も

『足ピタフロア』(しかしベタなネーミング 笑)

メーカーさんは謙遜して“すべりにくい”とおっしゃっていますが
なんのなんの、これだけ滑らなければもっと胸を張って
「すべりません!」と大声で叫んでもいいのでは、と思いますよ
(まあ今のご時世難しでしょうね、言い切るの)

この足ピタフロアは未だ謳い文句があるようで、それは『硬い』という事です。
鏡面強度はなんと『9H』もあるそうです!
今だとスマホの保護フィルムなんかで『硬度9H!!』なんて書いてあることもありますね。
硬いのが何故いいのか?
それは、たわしでゴシゴシやっても大丈夫っていう理由です。

あと、もう一つあるのですがそれは表面の凸凹の加工です。
名付けて『足ピタパターン加工』(ネーミング・・・もう何も言いません)
メーカーさんのお硬い説明文を引用すると、
「足裏と床の接触面積を拡大。水の表面張力のはたらきで足裏を引き寄せ
すべり止め効果を高めます。そして、スポンジが奥まで届きやすい
楕円形のパターン加工を施し、緩やかで浅めの溝は、少ない力で
しっかりお掃除ができます。たまる水滴も少なくなり、より短い時間で
乾くため衛生的です」と、いう事です。
(ここで疑問:表面張力の働きで何故足裏を引き寄せるのか?が
理解出来ないので今度聞いておきます)

まあ、形状をイラストで描くとこうなります↓



↑従来の加工:溝までスポンジが届かず汚れが残る



↑足ピタパターン加工:楕円加工で溝までスポンジが入り易く汚れを残さない


そして従来品の床や他の商材との比較を表にすると下の表になります
注:耐滑り性試験(OY-PSM)で比較
※この評価尺度は基準値ではなく目安です



すごーく長くなりましたが、これで足ピタフロアのご紹介は終わりです。
次回は「クリナップSRへ行って1番気になった(感動?)」をご紹介いたします!

では、次回の更新まで失礼いたします。

外構工事

2021/03/01

こんにちは、管理部の松田です。

今回のハウジング事業部工事部は外構工事を行ってきようです。

道路から建物への段差が30センチあり高かったので、
階段を取り付ける工事になります。


まずコンクリートの土間を壊し、


土を取り出しブロックを積んでいきます。


鉄筋を組んで補強し、

 

最後にコンクリートを流し込み完成です!

 

  

とても綺麗に仕上がりましたね!

全行程2日間の工事になります。
階段になったことで、昇り降りしやすくなりました。

このような外構工事もハウジング事業部 工事部では行っております。
ぜひご相談くださいませ。

では、次回の更新まで失礼いたします。

ババンババンバンバン (養生しろよ!)

2021/02/18 皆さんこんにちは、管理部の天野です。

今日のお題はハウジング事業部。主にリフォーム工事を扱っている部署ですね。

さて、『新築とリフォームの違い』をお題に掲げた日には、それこそ本一冊書けちゃうんじゃねくらいには、
同じ工事と言えども大きな違いがあるものです。今回はその中でも特徴的且つ代表格と言える “養生” のお話です。

一般の方は「養生しろよ!」と言われたら、じゃあ明日は家でゴロゴロしてるかーと思うものでしょうが、
建築の世界ではブルーシートなりマスキングテープなり、とりあえず道具の準備と養生箇所の確認を始めなきゃ的な言葉です。

養生=これから作業する箇所 “以外” の部分を、影響を与えないように予め守っておくこと
…と考えていただくと分かりやすいかと思います。
新築工事で全く縁の無い言葉…とまでは言いませんが、やっぱり「お施主様が住んでいる前提」のリフォーム工事においては、
最も気を遣うべきポイントと言えるでしょう!
…何でってそりゃあ、傷つけちゃったら大変ですから…。

さて、今回の現場では、階段の養生を行ったようです。



世の中探せば色んな商品があるもので、「階段用」と銘打った養生材があるようですが、
残念ながら今回は既存の商品だとサイズが合わず…
いつも当部署が愛用している「エコフルガード」という養生材を、階段のサイズに合わせてカットして設置しました。



作業中の防護策という性質上、最終的に取り外して捨ててしまうモノにはなってしまいますが、
だからと言って養生を適当に行うことはできません。
「養生に笑う者は養生に泣く」「養生はし過ぎるくらいで丁度良い」…職人さんからもよくそんな言葉を耳にします。

必要な場所にしっかり養生を行うこと、またその手間を惜しまないことも、 お施主様の大切なお家に手を入れる私たち工事業者にとっては、非常に大切な考え方だと思いました。

それでは次回の更新をお楽しみに!歯ぁ磨けよ!

屋根リフォーム

2021/02/02

今回はハウジング事業部の、
屋根のリフォーム工事のご紹介をしたいと思います。

【施工前】

屋根の状態は傷みや苔が見受けられるなど、経年劣化が進んでいる状態でした。

今回は、旭ファイバーグラス株式会社さんの
アスファルトシングル材『リッジウェイ』を使用しカバー工法で施工を行いました。
この『リッジウェイ』は、軽量で耐久性に優れ
個性的な色合いと独特のデザインによる高い意匠性が魅力です。

【施工後】




カラーは、デュアルブラックを採用し、とてもキレイに仕上がりました!
リッジウェイの柔らかな陰影もとても美しいですね。

もっと詳しく知りたいなどご興味がございましたら、
ぜひお気軽にお問い合わせください。

では、次回の更新まで失礼します。

玄関ドア塗装工事

2021/01/12 皆さんこんにちは、管理部の天野です。

ついに4月以来2度目の緊急事態宣言発令ということで、
弊社もTOPのお知らせ通り時短やテレワーク等を駆使しての縮小営業を開始しました。
色々とご不便をお掛けするかと思いますが、何卒ご容赦いただければと思います。

さて、それはそれとして、今日はハウジング工事部より現場の塗り替え工事のレポートをお送りしたいと思います。
玄関アルミドアの塗り替え工事。
以前に外装改修工事を行ったお客様から追加のご依頼で、玄関アルミ製親子ドアの塗装替えを行ったとのこと。

【塗り替え前】



長年の経年劣化によって黒の塗装が腐食しており、チョーキング現象(白い粉が塗装表面にふく現象)を起こしていました。

【塗り替え前:白粉現象部】



拡大して見ると分かりやすいかもしれません。特に黒い基材は、白系の何かが付くと目立ちますしね。

↓↓↓↓↓↓↓↓

【塗り替え工事完了後】

下地処理を施し、専用塗料で吹付塗装を行い、綺麗な仕上がりになりました。


3分艶(=完全マットにはせず、少しだけ光沢を持たせる艶調整)で、とっても良い仕上がりになったと思います。
玄関が目に見えて綺麗になると、家の出入りもテンションが上がって気持ち良いですよね!
ご用命があれば、このようなリフォームも行っております。お気軽にご相談下さい。

それでは次回の更新をお楽しみに!

台風被害

2020/12/25

こんにちは管理部の松田です。

本日はハウジング工事部の台風被害に合われた
現場をご紹介したいと思います。

今年は大きな台風が来なかったので安心していましたが
まだ昨年の台風被害を受けたお宅がありました。




雨漏りがなかったので、台風被害の発見が遅れてしまったようですが
このように実際屋根に登ってみると屋根材が飛んでいて
気づかないうちに被害が大きくなっていることもあります。

このような場合にも、火災保険に加入していると
保険適応ができることもあるようなのですが、
こまめなメンテナンスも出来る限り行っていきましょう!


では、次回の更新まで失礼します。

ハウジング営業 縦平葺き アイガー北壁

2020/12/07

こんにちは、管理部の松田です。
本日は、ハウジング営業部で増改築工事をお請けした現場で
施工した縦平葺き屋根のご紹介をしたいと思います。



最近では新築・改修工事、共に多く採用される様になりましたね。

会社の先輩方にお聞きしたら「今の嵌合縦平は結構新しい商品だよ」 と聞いていましたが
よくよく聞いたら現在主流の嵌合式縦平というのは 20年位前から普及し始めたとの事、、、
(えッ!、、、、私としたら充分古いのですが)

その増改築現場で下の写真の通り屋根勾配が非常に急な箇所がありました。
同じ縦平葺きで施工していますが殆ど“壁”ですね。 お客様が「アイガー北壁」と命名された様で、
現場の職人さん達の間でも アイガー北壁で通っていたそうです(実際は南面の屋根なんですけど)

↓アイガー北壁を横から望む 

↓アイガー北壁を上から覗く(怖い!)


因みにアイガー北壁をググってみところ、
アイガーはベルナーアルプスの一峰でスイスを代表する山で
その山の北面の事だそうです。
またの名を『死の壁』・・・しかーし現場は足場があるので”大丈夫!”(青影です)

足場があるとはいえ施工はとっても大変だと思います。
お客様からも屋根の仕上がりが非常に綺麗だ、とお褒めを頂きました。
大変な箇所にもかかわらず丁寧な施工していただ職人さん いつも作業ありがとうございます!

管理部・松田からの現場報告でした。

それでは次回の更新をお楽しみに~♪

`